東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

両首脳、歴史的握手 約10秒

 【シンガポール=上野実輝彦】「お会いできてうれしいです、大統領」。シンガポール・セントーサ島のホテルで十二日に始まった、史上初の米朝首脳会談。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長はトランプ米大統領と十秒以上、手を握りながら顔を見つめ合い、感慨深げに語りかけた。

 コロニアル様式の白亜の建物に赤いカーペットが敷かれ、米朝の国旗六本ずつが交互に並べられたホール。午前九時すぎ、向かって右から濃紺のスーツに赤いネクタイ姿のトランプ氏、左から黒い人民服を着た正恩氏が姿を見せた。

 先に手を差し伸べたのはトランプ氏。相手をぐいと引き寄せる強引な握手で知られるが、この日は下から手のひらを向け、丁寧さもにじんだ。応じた正恩氏は笑みを見せたものの、表情は硬いまま。四月に開かれた文在寅(ムンジェイン)韓国大統領との首脳会談に比べ、明らかに緊張の色がうかがえた。

 トランプ氏は正恩氏の右肩を軽くたたいて記念撮影に応じるよう促し、二人で会談場へ。着席したトランプ氏は「(会談は)大成功すると思う。素晴らしい関係を築けるだろう」と発言。正恩氏は安心したのか、表情を和らげ、低いだみ声で「すべてを乗り越えてここまで来られた」と笑顔を見せた。

 並んで歩いた際には「世界の人々が、これを幻想かSF映画のように思っているだろう」と正恩氏は冗談も口にし、笑いを誘った。両政府の高官を伴った協議では、互いによりうち解けた様子。正恩氏は「私たちがこの場所に集い向かい合って座ることは、平和の前奏曲だ」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報