東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝首脳、史上初会談 正恩氏「過去が目と耳ふさいできた」

12日、シンガポールで、会談の冒頭で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=AP・共同

写真

 【シンガポール=石川智規】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は十二日午前九時(日本時間同十時)、シンガポール南部セントーサ島のホテルで握手を交わし、史上初の首脳会談を行った。北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」に関し、行程表など具体策で合意できるかが成否を握る。トランプ氏は拡大協議冒頭、非核化を念頭に「共に取り組む」と述べ、正恩氏は「共に巨大な事業を始める決心はついている」と表明。北朝鮮への体制保証も焦点で、トランプ氏は朝鮮戦争(一九五〇〜五三年)の終結宣言も視野に、会談を「歴史的偉業」としたい考えだ。

 両首脳は島内のカペラホテルで初対面。赤いカーペット上を歩み寄り、がっちりと握手を交わした。その後、時折笑みを浮かべながら言葉を交わし、会談場へ入った。冒頭、トランプ氏は「われわれは素晴らしい関係を築けると思う。(会談は)大成功すると思う」と述べた。正恩氏は「簡単な道のりではなかった。われわれには足かせとなる過去があり、誤った偏見と慣行が時に目と耳をふさいできた。すべてを克服してここまで来た」と応じた。

 両首脳はまず、通訳を交え一対一で会談を開始。その後、ポンペオ国務長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長や李容浩(リヨンホ)外相らが加わる拡大協議に移った。その後昼食会も行い、トランプ氏は同日午後四時(日本時間同五時)に記者会見する。

 会談では「非核化」をめぐる具体策に加え、北朝鮮の体制保証について、双方がどのように折り合えるかが注目される。ポンペオ氏は十一日の記者会見で、「これまでとは異なる体制保証を行う用意がある」と言及。経済制裁の緩和をどう進めるかも焦点だ。

 トランプ氏はこれまでに「一回の会談ですべてできるとは言っていない」として、今後も協議を重ねる構え。朝鮮戦争の終結宣言に前向きな姿勢を示している。

 トランプ氏は十二日朝、ツイッターで、「良い取引かどうか、すぐに分かる。過去にない真の取引ができるかどうか、すぐに分かるだろう!」と自信を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報