東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

文氏の与党圧勝 韓国統一地方選

 【ソウル=境田未緒】十三日に投開票があった韓国の統一地方選と国会議員の再・補欠選で、与党「共に民主党」が圧勝した。南北首脳会談や米朝首脳会談の実現を受けた文在寅大統領への高い支持率を背景に与党は終始、選挙戦を有利に進めた。

 中央選挙管理委員会によると、八大都市と九道の計十七であった首長選では、ソウル市など十四カ所で与党候補者が当選し、国会議員も十二選挙区のうち十一で与党が勝利した。

 ソウル市長選では与党の現職朴元淳(パクウォンスン)氏が最大野党の保守系「自由韓国党」の候補者らに大差をつけて三選を果たした。保守色が強い南東部の釜山(プサン)市や蔚山(ウルサン)市でも、市長が自由韓国党から与党に入れ替わった。自由韓国党は保守層が厚い慶尚北道(キョンサンプクト)知事と大邱(テグ)市長選で勝利したが、地方議員選で惨敗し、さらに地盤沈下が進むとみられる。済州道(チェジュド)知事は保守系無所属の現職が当選した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報