東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ハガティ駐日米大使「拉致問題 2回提起」 米朝会談の様子明かす

写真

 ハガティ駐日米大使は十五日、東京都内で共同通信の単独インタビューに応じ、トランプ米大統領が米朝首脳会談で日本人拉致問題を「二回取り上げた」と明らかにし、引き続き米国にとって重要な問題だと述べた。米国の北東アジアでの「安全保障体制は変わらない」と強調した。

 米朝首脳会談後、トランプ氏が表明した米韓合同軍事演習中止や在韓米軍の縮小論を受け、日本で広がる米国の関与低下に対する不安の払拭(ふっしょく)を図った。

 北朝鮮の完全な非核化が米国の目標であることは「不変」で「検証可能な進展があるまで最大限の圧力は維持する」とも指摘した。トランプ氏と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が署名した共同声明に盛り込んだ北朝鮮への「安全の保証」については「大規模演習の停止がその一つと見なせる」と説明した。

 北朝鮮の非核化のコストや将来的な経済支援を巡っては、北東アジアの一員である日本が負担するのが「理にかなっている。日本の役割は重要になるだろう」との見通しを示した。

 環太平洋連携協定(TPP)への米国の復帰に関しては「米国の政治的状況では不可能だ。行き止まりになる」と語った。「この地域の安定のためにも、より高水準の合意が必要だ」と述べ、安全保障面における米国の支援を取引材料に、二国間の通商協定の締結を日本に迫る姿勢をにじませた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報