東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国、米と同日に報復関税 同規模5兆円、659品目

 【北京=安藤淳】中国政府は十六日、米国の貿易制裁への報復措置として、総額五百億ドル(約五兆五千億円)の六百五十九品目に対し25%の関税を上乗せすることを正式に決めた。米制裁と同時期、同規模の措置で発動する。世界一、二位の経済大国による「貿易戦争」で、日本を含む世界経済が混乱する恐れがある。

 中国は第一弾として七月六日から農産品、自動車、水産品など五百四十五品目、三百四十億ドル分に上乗せ関税を適用する。大豆や牛肉など米の主要輸出品だけでなく電気自動車(EV)も含まれる。残りの原油、化学製品など百十四品目は別途公表する。中国財務省は「米国の措置は世界貿易機関(WTO)の関連規則に違反し、中国国家と人民の利益を脅かす」と批判した。

 米国は十五日、知的財産権侵害を理由に、約五百億ドルに相当する千百二品目の中国製品に25%の制裁関税を課すと発表。一部については七月六日に発動するとした。また、中国が米産品に報復すれば、さらに追加関税を課すと表明した。

 これに対し、中国商務省は「協議で得た全ての成果が無効となる」と、これまでの合意を白紙撤回すると表明。さらに、各国が歩調を合わせて米国の措置に対処するよう呼び掛けた。

 米中間ではこのほか、台湾、南シナ海問題など課題が山積しており、今後の米朝対話にも影響が出る可能性もある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報