東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

正恩氏、3度目訪中 米朝会談報告 対米交渉協議へ

19日、北京の釣魚台迎賓館に入る、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を乗せたとみられる車=共同

写真

 【北京=城内康伸】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が十九日午前、正恩氏の専用機で北京入りした。中国メディアによると、訪中は二十日まで。習近平国家主席らと会い、シンガポールで行われた米朝首脳会談の結果を報告、対米交渉方針の擦り合わせを行う。

 訪中は三月の北京、五月の遼寧省大連に続き三回目で異例。中国という「後ろ盾」の存在を誇示し、トランプ政権をけん制する狙いがある。正恩氏のシンガポール訪問時、中国が往復の航空機を提供したことへの謝意も伝える。

 北京空港には、高麗航空の輸送機や旅客機計三機が到着した。輸送機からは積んでいた高級車両が降ろされる様子が目撃された。正恩氏を乗せたとみられる車列は北京市内の釣魚台迎賓館に入った。トランプ大統領と正恩氏が十二日に署名した共同声明では、トランプ氏が北朝鮮に体制保証を与え、正恩氏が朝鮮半島の「完全な非核化」を約束。米朝の高官が米朝首脳会談での約束実行に向け、早期に交渉することを確認した。

 ポンペオ国務長官は「完全な非核化の実現まで(北朝鮮への)制裁を解除しない」と明言。朝鮮中央通信は米朝首脳が「段階別・同時行動原則を順守することが重要」との認識で一致したと伝えており、双方の説明にズレがある。

 正恩氏は、非核化で一定の行動を取れば、制裁を緩和するよう求める主張に対して、習氏の支持を取り付けたい考えだ。中国は非核化措置が始まれば、国連安全保障理事会決議に基づく制裁緩和など経済的見返りが必要との立場を取る。

 中朝関係筋によると、習氏は五月に正恩氏と会談した際、米朝首脳会談で非核化を巡る合意に達した場合には、中国が北朝鮮に対して段階的な経済支援に乗り出すことが可能、との考えを伝えていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報