東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米韓さらに2演習中止 北に非核化行程表促す狙い

 【ワシントン=後藤孝好】米国防総省は二十二日、八月に実施するはずだった定例の米韓合同指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」に加えて、今後三カ月間に予定していた二つの米韓軍事演習を中止すると発表した。

 敵対的な軍事演習をやめて北朝鮮に譲歩する姿勢を示すことで、完全な非核化に向けた行程表の作成など具体的な行動を促すのが狙い。

 マティス国防長官やダンフォード統合参謀本部議長、ポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、トランプ大統領が米韓軍事演習の中止を表明したことに関して対応を協議。米海兵隊と韓国海兵隊が定期的に実施していた二つの軍事演習の中止も新たに決定した。

 国防総省のホワイト報道官は声明で、演習の中止によってポンペオ氏が主導する米朝交渉を後押しすると説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報