東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏「司法手続き不要」 不法移民「即座に送還」

 【ワシントン=共同】トランプ米大統領は二十四日、不法移民は司法手続きを経ずに「即座に」強制送還すべきだとツイッターに投稿した。不法移民の親子を別々に収容する措置を巡り非難を浴びる中、強硬策を維持する姿勢を示した。

 批判の高まりを受け、トランプ氏は二十日に親子分離拘束を大統領令で撤回したばかりだった。中間選挙をにらみ不法移民に厳格な政策を求める支持層へのアピールを重視しているもようだ。

 議会多数派の与党共和党は問題解決に向けた移民関連法の制定を目指しているが、トランプ氏の強硬発言で民主党からの協力取り付けが難航する恐れがある。

 トランプ氏はツイッターで不法移民が米国に「侵入」していると述べ、「裁判官も裁判も通さずに、彼らがいた場所にすぐに送り返さなければならない」と書き込んだ。

 不法移民に寛容な米国の移民制度が「世界中で物笑いの種」にされており、合法的に米国に入国した人々にとって不公平だとの見方も示した。

 米メディアによれば、親と引き離された不法移民の子供約二千五百人の多くが親と再会できていない状態だという。トランプ政権で大統領補佐官(国土安全保障・テロ対策担当)を務めたボサート氏は二十四日のテレビ番組で、「政権のイメージに大打撃だ」との見方を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報