東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中朝経済協力 協議へ 北の対外経済省幹部 訪中

 【北京=城内康伸】北朝鮮の消息筋によると、北朝鮮対外経済省の具本泰(グポンテ)次官が二日、空路で中国・北京入りした。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席との三度にわたる会談で中朝関係が深まる中、経済協力の推進に向けて協議するとみられる。

 習氏は六月十九日、北京で行った正恩氏との会談で「朝鮮の経済発展、民生改善を支持し、朝鮮が自国の国情にかなう発展の道を歩むことを支持する」と述べ、北朝鮮の経済立て直しを支援していく意向を示した。

 具氏は中国の経済関係機関と協議し、経済支援や国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁の緩和に向け、中国側の協力を求めるとみられる。具氏は五月初め、中国の王毅(おうき)国務委員兼外相が訪朝し、李容浩(リヨンホ)外相と会談した際に同席した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報