東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏、WTO離脱を示唆 米有利な改革求める

 【ワシントン=白石亘】トランプ米大統領は二日、世界貿易機関(WTO)について「米国をひどく扱ってきた。彼らがやり方を変えることを望む」と述べ、「今は何も計画していないが、米国を適切に扱わなければ何かするだろう」とWTOからの離脱を示唆して改革を求めた。ホワイトハウスで記者団に語った。

 WTOを巡っては、米ニュースサイトのアクシオスが一日、事実上のWTO離脱につながる法案の草稿をトランプ政権が作成していたと報道。法案はWTOルールを逸脱する形で、関税を一方的に引き上げられる権限を米政府に与える内容とされる。ただ米議会の支持取り付けは難しく、具体的な進展はないという。

 ロス商務長官は二日、米CNBCテレビに対し「WTOはいくつか改革が必要な点がある」としながらも「離脱について議論するのは時期尚早だ」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報