東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米国務長官、5日訪朝 非核化など具体的協議

 【ワシントン=石川智規】米国務省は二日、ポンペオ国務長官が五〜七日の日程で北朝鮮を訪問すると発表した。六月の米朝首脳会談で北朝鮮の非核化に合意したことを受け、米朝高官による協議を行う。その後ポンペオ氏は七〜八日の日程で来日し、河野太郎外相らと会談。訪朝の成果などを報告する。韓国政府も高官の訪日を調整している。ポンペオ氏の訪日は初めて。

 ポンペオ氏の訪朝は三回目で、米朝首脳会談後の訪朝は初めて。北朝鮮の非核化を進めるための具体的な論議を行うほか、朝鮮戦争(一九五〇〜五三年)で死亡して不明となった米兵遺骨の返還も協議する見通し。

 サンダース大統領報道官は二日の会見で「ポンペオ氏は北朝鮮の首脳やチームと会談する」と述べた。ポンペオ氏は過去二度の訪朝で金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談しており、今回も面会する可能性がある。

 国務省によると、ポンペオ氏は八〜九日にベトナム・ハノイ、九〜十日にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ、十〜十二日にベルギー・ブリュッセルをそれぞれ訪問する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報