東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

英の重体2人から神経剤 元情報員暗殺未遂と同種

4日、重体となった英国人男女2人の立ち寄り先とみられる英南部ソールズベリーの施設近くに立つ警察官ら=ゲッティ・共同

写真

 【ロンドン=沢田千秋】英警察当局は四日、英南部エームズベリーで意識不明で見つかった英国人の男女二人から、三月にロシアの元情報機関員の暗殺未遂事件で使用されたのと同種の神経剤ノビチョクが検出されたと発表した。英防衛化学技術研究所が鑑定した。現場から三月の事件が起きたソールズベリーまで約十三キロで、当局は関連を調べている。

 英政府は五日、緊急の安全保障会議を開き、対応を協議する。

 英当局によると、六月三十日午前十時ごろ、エームズベリーの民家で、女性(44)が倒れて搬送され、同日午後三時ごろ、同じ民家から男性(45)も同様に搬送された。いずれも意識不明。

 ノビチョクは旧ソ連で開発された神経剤の総称で、三月の事件では無色の液体が使われたとされる。英当局は今回のノビチョクが、三月の事件と同一物質かどうかは明らかにしていない。また、二人が標的にされたことを示す背景事情はなく原因となった汚染物も見つかっていないという。

 英BBC放送は「三月の事件で用意されたノビチョクの残りが、どこかに遺棄され、二人が接触した可能性がある」と報じた。英当局は二人が意識を失う前に立ち寄った公園や薬局、教会などを閉鎖している。

 三月の事件では、元情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏の自宅の玄関ドアハンドルから高濃度のノビチョクが見つかった。スクリパリ氏と娘は自宅を出た数時間後、商業施設で意識を失った。

 三月の事件で、英政府はロシアの関与が濃厚として、駐英ロシア外交官を国外追放し、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会への政府高官や英王室の出席を見送った。ロシアは関与を否定している。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報