東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ノーベル賞発表中止で今年限定の文学賞創設 スウェーデンの文化人ら選考

 【ロンドン=共同】今年のノーベル文学賞が選考主体スウェーデン・アカデミーを巡るスキャンダルで発表中止になった問題を受け、スウェーデンの文化人らが新たな文学賞を今年限定で創設する。英紙ガーディアンが八日までに報じた。

 作家や俳優、ジャーナリストら百人以上で構成される「ニュー・アカデミー」が選考主体となり、ノーベル賞と同じく十月に受賞者を発表、十二月に授賞式を開く。

 賞創設はノーベル文学賞の受賞者発表が見送りとなったことに対する抗議が目的で、ニュー・アカデミーは十二月の授賞式後に解散する。

 候補は国籍を問わず二冊以上の本を書いている作家で、うち一冊が十年以内に出版されているのが条件。スウェーデンの図書館員に候補を推薦するよう呼びかけ、一般投票や有識者の意見を参考に受賞者を決める。

 ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーは五月に、関係者の性的暴行やセクハラ疑惑などを理由に今年の受賞者発表を見送ると表明した。来年、今年の受賞者も同時に発表される見通し。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報