東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

タイ洞窟 4人救出 閉じ込め16日目 潜水決行 残り9人

 【チェンライ(タイ北部)=山上隆之】タイ当局は八日、北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められた少年ら十三人の救出作業を開始し、まず四人を洞窟の外に脱出させた。四人は病院に運ばれたが健康状態はいずれも良好という。残る九人を九日以降、順次救出する。洞窟に閉じ込められてから八日で十六日目の生還に、タイ国内は喜びに包まれている。

 救出作業は、タイ海軍特殊部隊の五人と外国人十三人の潜水士計十八人で、八日午前十時(日本時間同正午)に開始。少年一人にそれぞれ潜水士二人が付き添い、水中のガイドロープをつかみながら、約五キロ先の出口を目指した。約十時間後の午後七時五十分までに四人が脱出した。

 当局は、洞窟内の酸素濃度が低下し激しい雨も予想され水位が再び上昇する恐れが高まったことから、少年自身の潜水による脱出を決断。家族の同意も得ていた。

 中継地点に配置していた交換用の空気ボンベを使い切ったため、新たなボンベを運び込み、残る九人の救出を始めるが、全員の脱出までにはさらに時間がかかる可能性がある。

 現場責任者のナロンサク・前チェンライ県知事が八日夜、四人の無事救出を報告すると、地元メディアや各国の報道陣から歓声が上がった。救出活動を続ける隊員たちに食事や飲料水を無料で配ってきた地元ボランティアたちも安堵(あんど)の表情を浮かべた。近くで美容院を経営する女性(52)は「無事に救出されたと聞き、安心しました」と声を弾ませた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報