東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

タイ洞窟救出 計8人に 閉じ込め、残りは5人

9日、タイ北部チェンライ県で洞窟から救出された少年を乗せたとみられる担架を救急車から運ぶ関係者=共同

写真

 【チェンライ(タイ北部)=山上隆之】タイ当局は九日、チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められた少年らの救出作業を再開した。当局は八日に救出した四人に続き、九日にも新たに四人を洞窟の外に助け出したと明らかにした。閉じ込められた少年十二人と男性コーチの計十三人のうち八人が助け出され、残る五人の救出を目指す。

 当局によると、新たに救出された四人も別の四人と同じチェンライ中心部の病院に搬送され、健康状態は良好という。当局は九日の作業を終了し、十日に再開するとしている。

 現場責任者のナロンサク・前チェンライ県知事によると、九日は午前十一時(日本時間同午後一時)に作業を再開。八日に四人を洞窟の外に出すまでに要した時間は七時間四十分〜九時間五十分だったが、ナロンサク氏は「これよりも早まる」との見通しを示していた。

 当局によると、総勢九十人の潜水士が作業に当たっている。このうち四十人がタイ海軍の特殊部隊。残る五十人は英国救助チームなど各国から集まった。少年一人にそれぞれ潜水士二人が付き添い、水中のガイドロープをつかみながら泳ぎ、約五キロ先の出口を目指した。

 八日の救出作業は、洞窟内の複数の中継地点に配置した交換用ボンベを使い切ったため、同日夜に作業をいったん中断。九日に潜水士らが空気ボンベを補充した上で作業を再開した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報