東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝会談1カ月 非核化、進展なし

6月12日、シンガポールで共同声明に署名後、笑顔で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=ロイター・共同

写真

 【ワシントン=石川智規、北京=城内康伸】シンガポールで六月に開かれた史上初の米朝首脳会談から十二日で一カ月になる。両首脳は北朝鮮の「完全な非核化」で合意したが、会談後に初めて開かれた今月六〜七日の米朝高官協議では、非核化に向けた具体的な作業に入れなかった。双方の溝が浮き彫りになる中、米国内では北朝鮮との今後の協議を懸念する見方が広がっている。

 「ポンペオ氏が来週にも北朝鮮との協議に臨む」。トランプ米大統領は米朝首脳会談後の記者会見でこう語っていた。しかし、その後の北朝鮮側との調整は難航。ポンペオ国務長官と金英哲(キムヨンチョル)朝鮮労働党副委員長が高官協議を実施するまでには三週間以上かかった。

 ポンペオ氏は平壌での高官協議の後、同行の米記者団に、北朝鮮と「作業部会を設置した」と成果を強調。ところが、米国務省は、作業部会を同省内に設置したものの、現段階で北朝鮮側が参加する予定はないことを明らかにした。

 国務省は本紙取材に、作業部会の目的について「非核化の達成や検証に向け、国務省の今後の計画や政策を立案する」と説明。「(実務者協議を担う)ソン・キム駐フィリピン大使の交渉をサポートする」とし、東アジア・太平洋局のウォン次官補代理らがメンバーになるとした。

 首脳会談後も北朝鮮側と合同作業部会を設置できない現状は、米朝が非核化に向けた事務的な折衝を始められないことを物語る。

 ポンペオ氏は高官協議直後の八日に訪日し、河野太郎外相、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と三カ国会談を開催。その後の記者会見でも、非核化を進める前提となる北朝鮮の核兵力の全容把握や、非核化の手法、期限などを定める行程表の作成などの具体的な説明はなかった。

 一方、北朝鮮側は高官協議で、朝鮮半島の平和体制構築の「最初の行程」として、朝鮮戦争(一九五〇〜五三年)の休戦協定締結六十五周年(二十七日)に合わせた終戦宣言を要求。外交筋によると、金正恩(キムジョンウン)党委員長は六月の首脳会談で、同宣言に「関心を示さなかった」とされ、唐突な要求について「非核化のハードルを高くする思惑では」との見方もある。

 北朝鮮外務省は高官協議後の報道官談話で「(米国は)強盗さながらに非核化要求だけを持ち出した」と反発。「われわれの非核化の意志が揺らぎかねない危険な局面」と、米国の姿勢を激しく非難した。

 トランプ氏は九日のツイッターに「私は金正恩氏が共同声明で署名した契約を実施すると確信している」と書き込み、非核化実現を楽観視する姿勢を示した。

 米誌タイム最新号は「首脳会談から一カ月、実態は何も変わっていない」と強調。さらに、過去に何度も米国を裏切ってきた北朝鮮との交渉の難しさを指摘し「トランプ政権はいまだに非核化を楽観視している」と警鐘を鳴らしている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報