東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏「今はNATO離脱しない」 首脳会議閉幕 緊迫残す

 【ブリュッセル=竹田佳彦】NATO首脳会議は十二日閉幕し、トランプ米大統領は記者会見で、加盟各国に防衛費の負担増を重ねて求めた。一方で「NATOを信頼している」とも強調。「いつでも離脱できるが、今はその必要はない」と述べた。

 トランプ氏は前日に続き十二日午前、ストルテンベルグ事務総長が呼び掛けた緊急会合でも防衛費の負担問題を蒸し返し、欧州やカナダが負担を増やさなければ「米国は勝手にやる」と発言。トランプ氏によると、加盟国は決裂を避けるため、合わせて三百三十億ドル(約三兆六千三百億円)の防衛費を年内に追加で増やすことで合意した。ストルテンベルグ事務総長は「米国の真剣さで緊迫度が高まった」と説明した。

 首脳会議が採択した共同宣言は、加盟各国の防衛費を国内総生産(GDP)比2%に拡大させる目標を確認するとともに、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の併合を「一方的で違法」と非難した。

 首脳会議ではまた、ジョージア(グルジア)の新規加入に、全加盟国が同意した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報