東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

劉霞さん不参加へ ノーベル平和賞・劉暁波氏追悼式

12日、ベルリンで、廖天〓氏と面会した劉霞さん=廖天〓氏提供・共同

写真

 【ベルリン=共同】中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の故劉暁波(りゅうぎょうは)氏の妻、劉霞(りゅうか)さんのドイツへの出国を働き掛けてきた同国在住の中国出身作家、廖天〓(りょうてんき)氏は十二日、ベルリンで十三日に開かれる劉暁波氏の一周忌の追悼式典に「(劉霞さんは)出席できない」と明らかにした。劉霞さんとベルリンで面会後に記者会見した。

 中国当局による軟禁を解かれてドイツ入りした劉霞さんは中国に残した実弟の身を案じているという。廖氏は「(劉霞さんには)まだやれないことや言えないことがある」と述べ、中国当局が弟を事実上「人質」にし、劉霞さんの言動を制限しているとの見方を示唆した。

 廖氏は劉霞さんについて、衰弱しているものの表情は明るく追悼式典に出られないのは体調の問題ではないと強調した。劉霞さんの弟は詐欺罪で実刑判決を受け、その後仮出所したが、法的には刑期が満了していない状態とみられている。

 ノルウェーのノーベル賞委員会は平和賞の賞状などを受け取るよう劉霞さんに呼び掛けているが、廖氏は弟の安全が確保されない限り、受け取るのは難しいとの見方を示した。

 劉霞さんは十三日に医師の検査を受ける予定だったが、劉暁波氏の一周忌に当たるため、検査を延期した。静かに一日を過ごす予定という。

※〓は王に其

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報