東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米英首脳 FTA交渉推進で合意 トランプ氏、首相批判否定

写真

 【チェッカーズ(英南部)=沢田千秋】メイ英首相とトランプ米大統領は十三日、ロンドン近郊チェッカーズの英首相別荘で首脳会談を行った。両首脳は英国の欧州連合(EU)離脱後の自由貿易協定(FTA)交渉を推進することで合意。会談後の共同記者会見は終始、友好ムードで進んだが、直前には英メディアでトランプ氏がメイ氏を痛烈に批判する記事が掲載されていた。

 メイ氏は会談後の会見で、「EU離脱後、米国とのFTA交渉の推進で合意した。英国が示した離脱方針が両国間の野心的な貿易取引の機会をもたらした」と成果を強調。しかし、会談前、英大衆紙サンに、トランプ氏が離脱方針を厳しく批判するインタビューが掲載され波紋を広げた。

 サンによると、トランプ氏は「英国がEUとの結び付きを維持するなら、われわれは英国ではなくEUと取引する。(この離脱方針は)両国の取引を殺すだろう」などと発言。FTA交渉への懸念を示していた。

 会見で記事について問われたトランプ氏は「批判はしていない。フェイク(偽)ニュースだ。録音もある」と否定。「離脱交渉はとても複雑だが、メイ氏はタフで有能な交渉人。英国は最も大事な取引国の一つであり、二国間の貿易交渉を楽しみにしている」と述べ、メイ氏の顔を立てた。

 英政府はEU離脱の基本方針で、関税などの面で完全離脱という当初の強硬路線を転換し、EUの規則を受け入れた自由貿易圏確立を目指すソフト路線にかじを切った。これに反発した強硬離脱派のジョンソン外相が辞任。トランプ氏はサンのインタビューで「メイ氏にどうするべきか言ったのに、彼女は私の意見を聞かず違う道を望んだ」とし、ジョンソン氏を「とても才能があり大好きだ」「彼は偉大な首相になれるだろう」とメイ氏の神経を逆なでするような持論を並べた。

 来年三月のEU離脱を見据え、関係強化を図る最重要国として米国を位置付けるメイ氏。ロンドンで反トランプ氏のデモが行われる中、エリザベス女王との面会も予定するなど「国賓並み」の待遇に腐心した。予測不能なトランプ氏の言動に振り回されたが、両国の亀裂は回避した格好だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報