東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏1日で発言修正 ロシアの大統領選介入認めたが、米与野党の非難続く

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は十七日、ホワイトハウスでの会合冒頭、「二〇一六年米大統領選にロシアが介入したという米情報機関の結論を受け入れる」と述べた。疑惑を全否定するロシアのプーチン大統領に同調した前日の発言に米国内で批判が噴出し、修正に追い込まれた。トランプ氏は火消しを図った形だが、与野党からはロシアやトランプ氏に対する非難の声が続いている。

 発端は、十六日の米ロ首脳会談後、プーチン氏と行った共同記者会見での発言だった。トランプ氏は「プーチン氏は会見で『ロシアではない』と言っている」と指摘。「(ロシアが)やったという理由は見当たらない」と述べた。

 批判の高まりを受けてトランプ氏は十七日、前日の発言について「『ロシアがやっていないという理由は見当たらない』というべきだった」と釈明。ロシアの介入と断定した米情報機関の結論も受け入れた。

 米大統領が他国との共同会見での発言を修正するのは異例。秋の中間選挙に向け、事態の沈静化を図りたいトランプ氏の意向がみてとれる。

 しかし、米政界の反発は止まらない。

 与党共和党上院トップのマコネル院内総務は十七日、大統領選へのロシアの介入は明白だとして「(中間選挙の)一八年は(介入)しない方がいい」とロシアを非難するとともに、そのロシアを擁護するトランプ氏を暗に批判した。

 同党下院トップのライアン下院議長も「ロシアはわれわれの価値観を共有できない脅迫的な政府だ」として、マコネル氏とともにロシアへの追加制裁を検討する考えを示した。

 民主党下院トップのペロシ院内総務は「プーチン氏に立ち向かえない大統領だ」と非難した。

 一方、トランプ氏は十七日夜、ツイッターで「プーチン氏との会談は大きな成功だった。フェイク・ニュースの評価は除く!」と自身を正当化した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報