東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北、ICBM開発継続か

 【ワシントン=後藤孝好】米紙ワシントン・ポスト電子版は三十日、米情報当局関係者の話として、北朝鮮が平壌(ピョンヤン)郊外の山陰洞(サヌムドン)にあるミサイル工場で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)一〜二発の製造を続けている兆候がみられると報じた。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が六月の米朝首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化」を約束した後も、核物質の生産を継続していることが判明している。トランプ米大統領は北朝鮮が朝鮮戦争で死亡した米兵の遺骨を返還したことを評価しているが、ICBM製造が事実なら、米朝交渉はさらに難航する恐れがある。

 同紙によると、北朝鮮が液体燃料を使ったICBMを製造していることを過去数週間に撮影された人工衛星画像などで確認。山陰洞の施設では、北朝鮮が米本土を射程に収めると主張する火星15などを製造していたとされ、少なくとも一発は火星15である可能性があるという。

 米情報当局の分析では、北朝鮮は保有する核・ミサイルについて、少なく偽って米国に申告する計画を協議。一部だけを廃棄してひそかに核保有したまま、非核化を実行したと主張することも検討しているとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報