東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

CO2濃度 過去最高に 「温暖化進行」米政府機関が指摘

1981〜2010年の平均と比較した2017年の世界の平均気温。濃い赤ほど高い=米海洋大気局提供・共同

写真

 【ワシントン=共同】米海洋大気局(NOAA)などの国際チームは一日、地球温暖化に大きな影響を及ぼす二酸化炭素(CO2)の二〇一七年平均の大気中濃度が過去最高だったとする報告書を公表した。世界の平均気温も観測史上二〜三番目の高さ。「さまざまな指標が、温暖化が進行していることを示している」とした。

 報告書によると、一七年の平均CO2濃度は四〇五ppm(一ppmは百万分の一)で、過去最高だった一六年を二・二ppm上回った。深刻な温暖化影響を避けるには、四二〇ppm程度に抑えることが必要だと考えられている。

 また地球表面での年平均気温は一九八一〜二〇一〇年の平均を〇・三八〜〇・四八度上回った。強力なエルニーニョ現象が起きなかった年としては最も高温だったという。世界の平均海面は一九九三年比で七・七センチ高く、氷床が減少し続けていることをうかがわせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報