東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

#MeToo 立役者の女優が暴行か 俳優が訴え和解金

 【ニューヨーク=共同】20日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、性暴力を被害者らが告発する「#MeToo(「私も」の意)」運動の立役者となったイタリア人女優アーシア・アルジェントさん(42)が、年下の男性俳優に性的暴行をしたと訴えられ、38万ドル(約4200万円)を俳優に支払うことで和解していたと報じた。

 俳優ジミー・ベネットさん(22)は17歳だった2013年、米西部カリフォルニア州のホテルで、アルジェントさんから性的暴行を受けたとして、17年11月に告訴する意思をアルジェントさん側に伝えた。

 アルジェントさんはその約1カ月前、ハリウッド映画界の大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン被告(強姦(ごうかん)罪などで起訴)から受けた性的暴行を告白し、#MeToo運動の中心人物となっていた。ベネットさんは「アルジェントさんが被害者ぶっているのが耐えられず、ホテルでの記憶がよみがえった」としている。

 アルジェントさんは今年4月からベネットさんに和解金の支払いを始めた。アルジェントさんとベネットさんは04年の映画「サラ、いつわりの祈り」で共演、アルジェントさんは共同脚本、監督も務めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報