東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

高校生大使ICAN訪問 核廃絶へ被爆者体験伝える

ICANを訪れた高校生平和大使(奥)らと面会するフィン事務局長(手前)=27日、スイス・ジュネーブで(共同)

写真

 【ジュネーブ=共同】核兵器廃絶を世界に訴える日本の高校生平和大使二十人は二十七日、スイス・ジュネーブにある、非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の本部を訪れた。ICANのフィン事務局長が二十人を出迎え、「今は国際平和実現にとって重要な時だ。ジュネーブで国連の活動や核軍縮について学んで日本で友だちと共有してほしい」とあいさつした。

 その後、高校生四人が英語でスピーチし、新潟の長岡高校二年の佐藤倫花さん(17)は「(平和大使として)被爆者の体験を伝えていくことは私たちの義務だと思っている」と述べた。

 核兵器禁止条約制定の原動力となったICANは昨年のノーベル平和賞を受賞。反核署名を二十年間にわたり国連機関へ届けてきた平和大使も今年の平和賞候補とするよう求める推薦状が、ノーベル賞委員会に受理されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】