東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ドロシーの靴、故郷が一番 「オズの魔法使」使用 盗難、13年ぶり発見

4日、米ミネソタ州で、映画「オズの魔法使」で主人公ドロシー役の女優ジュディ・ガーランドが履いたルビー色の靴=スター・トリビューン紙提供、AP・共同

写真

 【ニューヨーク=共同】映画「オズの魔法使」(一九三九年)で主人公ドロシー役の女優ジュディ・ガーランドが履いたルビー色の靴が、米中西部ミネソタ州の博物館で二〇〇五年八月に盗まれる事件があり、連邦捜査局(FBI)は四日、靴を今年七月に同州内で発見、回収したと発表した。AP通信などが報じた。

 靴は映画の中でドロシーが魔法の国から自宅に戻るために使う重要なグッズで、ファンが百万ドル(約一億一千百万円)の懸賞金を懸けるなど行方に注目が集まっていた。FBIは複数の容疑者が関与したとみて捜査を継続している。発見時の詳しい状況は明らかにしていない。

 靴は所有者の収集家が、ガーランドの出身地にあるミネソタ州の博物館に貸し出していて盗難に遭った。靴には百万ドルの保険が掛けられており、昨夏に保険会社と接触した男性が靴を取り戻す手助けができると話したため、警察とFBIが一年近く「おとり捜査」などを続けていた。

 ガーランドは映画で計四足のルビー色の靴を使用した。他の三足はスミソニアン博物館などが所有しているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報