東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏批判「私ではない」 米高官相次ぎ否定 ホワイトハウス混乱

 【ワシントン=共同】米紙ニューヨーク・タイムズにトランプ大統領を厳しく批判する匿名の寄稿をした「高官」は誰か−。トランプ氏の激怒を受け、ペンス副大統領やポンペオ国務長官、マティス国防長官ら政権幹部は六日、相次ぎ「私ではない」などと否認した。ホワイトハウスは犯人捜しに躍起になっている。

 ワシントン・ポスト紙によると、ホワイトハウスでは側近らが会合をキャンセルして対応を協議。寄稿の文面を詳しく分析するなど犯人捜しに追われた。

 一般的には耳慣れない英単語だが、ペンス氏が演説で何度も使ってきた「lodestar」(道しるべ)という言葉が寄稿に登場するため、ペンス氏周辺を疑う見方も浮上。ペンス氏の事務所は「われわれはそんな素人ではない」と慌てて否定した。

 ポンペオ氏も訪問先のニューデリーで関与を否定。匿名の告発者について「指揮官の意思を遂行する気がないなら辞職しかない」と述べ、ニューヨーク・タイムズ紙を「政権を傷つけようという試みは極めて憂慮すべきだ」と非難した。

 マティス氏やコーツ国家情報長官、セッションズ司法長官らも次々に関与を否定した。

 ホワイトハウスのサンダース報道官はツイッターで、「匿名のひきょう者」を特定するためニューヨーク・タイムズ紙に直接電話するよう呼び掛ける異例のメッセージを投稿。ユーザーから批判のコメントが相次いだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報