東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮系の中ロIT2社に制裁 米、資産を凍結

 【ワシントン=石川智規】米財務省は十三日、北朝鮮人が実質的に運営する中国とロシアが拠点の情報技術(IT)企業二社などを米独自の経済制裁対象に追加した。米国内の資産を凍結するほか、米国人との取引を禁じる。

 制裁対象となったのは、中国吉林省のIT企業「延辺銀星科技有限公司」とロシア・ウラジオストクの関連会社に加え、両社を最高経営責任者(CEO)として運営する北朝鮮国籍の男一人。中国拠点の企業は今年半ばまでに、北朝鮮労働者の存在を隠した上で数百万ドルの利益を得て、北朝鮮に収益を還流したという。

 ムニューシン財務長官は声明で、「海外のIT企業や技術者から北朝鮮へ違法に資金が還流していることへ警告を発する」と制裁の狙いを強調。「北朝鮮の最終かつ完全に検証された非核化が果たされるまで、経済制裁を科し続ける」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報