東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

サウジ皇太子が拘束指示か 記者行方不明問題、通信傍受と米紙

 【ワシントン=石川智規】サウジアラビア人の著名な反政府記者ジャマル・カショギ氏(59)がトルコのサウジ総領事館に入って以降、行方不明になっている問題で、米紙ワシントン・ポストは十日、サウジのムハンマド皇太子が同記者を拘束するよう指示したことを示す会話を、米政府が傍受していたと報じた。複数の当局者の話として伝えた。

 同紙はまた、カショギ氏の複数の友人の証言として、皇太子に近いサウジ政府高官らが四カ月間にわたり、同記者に対してサウジに帰国すれば政府の高い職務を用意すると打診していたと伝えた。カショギ氏は友人に、打診を拒否する考えを示していたという。

 トルコ当局者は同紙やロイター通信などに対し、サウジの情報当局者や法医学専門家を含む十五人が二日にトルコ入りし、同記者の殺害に関与したとの見方を示している。

 トランプ米大統領は十日、ホワイトハウスで記者団に対し「とても深刻な状況だ。真相を知るためにあらゆることを要求する」と述べ、サウジ指導者と電話協議したことを明かした。

 また、ポンペオ米国務長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らもサウジのムハンマド皇太子と電話協議し、情報提供を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報