東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

細断アート、予定通り購入 1.5億円「死ぬまで所有」

5日、ロンドンで、競売で路上芸術家バンクシーの作品が落札直後に細断される様子を写した動画=PIERREKOUKJIAN提供、AP・共同

写真

 【ロンドン=共同】ロンドンで落札直後にシュレッダーで自動的に細断された路上芸術家バンクシーの作品について、落札者の欧州の女性は11日、予定通り落札額の104万2000ポンド(約1億5400万円)で購入すると明らかにした。競売大手サザビーズが発表した。

 女性は「作品が細断された時は驚いたが、アート史上に残るこの作品を、死ぬまで所有しようと思うようになった」と話しているという。

 元々の作品名は「少女と風船」だが、サザビーズによると、細断後、新たに「ごみ箱の中の愛」と名付けられた。

 競売は5日。作品は落札直後に額縁に仕掛けたシュレッダーで自動的に細断され、その場にいた関係者らを驚かせた。英紙ガーディアンは「アート史上最も大胆ないたずらの一つ」と報じた。

 正体不明で神出鬼没のバンクシーは、写真共有アプリ「インスタグラム」で、自身がシュレッダーを仕掛けたことを明らかにしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報