東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

安田さんの解放確認 「トルコで安全。ありがとう」

24日、トルコ南部ハタイ県の地元政府が公開した安田純平さんの写真

写真

 【アンタキヤ(トルコ南部)=奥田哲平】内戦下のシリアで行方不明になり、解放されトルコに出国したフリージャーナリスト安田純平さん(44)=埼玉県入間市出身=とみられる男性について、日本政府は二十四日、在トルコ日本大使館員がシリア国境に近いトルコ南部アンタキヤの入管施設で、安田さん本人と確認した、と明らかにした。河野太郎外相が外務省で記者団に説明。行方不明から約三年四カ月ぶりの解放となった。

 アンタキヤのあるハタイ県の地元政府は二十四日、同日撮影した安田さんの映像と写真を公開。安田さんは英語で、「今トルコにいて安全です。ありがとう」などと落ち着いた口調で語った。

 安田さんの健康状態について、安倍晋三首相は同日夜、「大使館員と大変元気に話をしていると報告を受けた」と首相官邸で記者団に語った。日本政府は、大使館職員に同行した医務官が安田さんの健康状態を確認した上で、早期の帰国に向けた手続きを進める。

 安田さんを拘束していたとされる国際テロ組織アルカイダ系のシリア解放機構(旧ヌスラ戦線)の関係者は、本紙の電話取材に「安田さんの解放はカタールが仲介した」と述べた。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官も二十四日の記者会見で「カタールやトルコなど関係国に協力を求めてきた」と説明。安倍首相は、カタールのタミム首長とトルコのエルドアン大統領に電話で謝意を表した。

 菅氏はまた、解放のために身代金を払ったかどうかについて「そうした事実は全くない」と否定した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報