東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

G20開幕 米、対日赤字削減を要求 トランプ氏、F35購入には謝意

11月30日、ブエノスアイレスでG20首脳会合の記念撮影に臨む(前列左から)フランスのマクロン大統領、米国のトランプ大統領、安倍首相ら=共同

写真

 【ブエノスアイレス=後藤孝好】二十カ国・地域(G20)首脳会合が十一月三十日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開幕し、初日の討議を終えた。安倍晋三首相はトランプ米大統領と会談。トランプ氏は来年一月から始まる日米の二国間の貿易交渉に関し、対日貿易赤字の削減を早期に実現するよう要求。一方、日本が米国から最新鋭ステルス戦闘機F35など、兵器を多数購入することには謝意を表明した。

 トランプ氏は会談冒頭で「日本との貿易赤字は縮小している。日本から約束があったが、米国の戦闘機F35などを数多く購入することは非常に感謝している」と発言。その上で「日本との貿易赤字は巨額だ。われわれが協力して貿易不均衡を速やかに是正したい」と強調した。

 また、来年の皇太子さまの新天皇即位に関連する行事に招待されていると明かして「とても光栄だ。心待ちにしている」と出席に前向きな意向を表明した。トランプ氏が言及した行事は、来年十月に行われる予定で新天皇が即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」とみられる。安倍首相は「日米同盟はかつてないほど強固になっている。北朝鮮をはじめとする地域情勢や日米の経済関係について意見交換したい」と述べた。

 両首脳は北朝鮮の完全な非核化に向けて韓国を含めた国際社会と連携し、国連安全保障理事会の制裁決議の厳格な履行や、北朝鮮船に積み荷を公海上で移し替える「瀬取り」への取り締まり強化で圧力を維持する方針で一致。日本人拉致問題の早期解決へ緊密に連携していくことも確認した。

 インドのモディ首相を交えた日米印首脳会談を初めて開催。「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、三カ国の協力を強化する重要性を共有した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報