東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

東京五輪「竹田氏と招致協議せず」 収賄疑惑のセネガル人

パパマッサタ・ディアク氏

写真

 フランス捜査当局が捜査を始めた二〇二〇年の東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑で、収賄側とされるセネガル人のパパマッサタ・ディアク氏(53)が共同通信の電話取材に応じた。贈賄疑惑が持たれている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)について「二回会ったが、五輪招致について話したことはない」と述べ、疑惑を否定した。

 ディアク氏は、国際オリンピック委員会(IOC)委員も務めたラミン・ディアク前国際陸連会長の息子。東京五輪招致委員会が一三年、シンガポールのコンサルタント会社と契約して送金した計二百八十万シンガポールドル(約二億二千万円)の一部を受け取ったとの疑惑を持たれている。

 ディアク氏によると、同氏は〇九年、世界陸上選手権が開催されたドイツ・ベルリンのホテルのロビーで竹田会長と面会。一三年のIOC総会で東京開催が決まった際にも竹田会長にお祝いの言葉をかけた。

 ただ「竹田氏は私の父とも誰とも(五輪招致を)話し合ったことはない」と述べ「(疑惑に)竹田氏を巻き込むのは、ばかげている」と語った。

 ディアク氏はロシア陸上選手のドーピング隠蔽(いんぺい)に関わったとされ、汚職や資金洗浄の容疑で国際手配され、セネガルに滞在中。疑惑が報じられた一六年以降、当局の捜査などを受けて旅券を取り上げられ、セネガルから出国できない状態だとしている。フランス当局の捜査は全く進展がないとして「失敗だ」と批判。疑惑の背景にはスポーツ界の権力闘争や人種差別があると主張し「スポーツ界で史上最大のうそだ」と訴えた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報