東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ロシア外相、北方領土の名称変更要求 首脳会談は22日

写真

 【モスクワ=栗田晃】河野太郎外相は十四日、訪問先のモスクワで、ロシアのラブロフ外相と会談した。安倍晋三首相とプーチン大統領が日ソ共同宣言を基礎とした平和条約交渉の加速で合意し、両外相を交渉責任者とする新たな枠組みを設けてから初の協議。ラブロフ氏は北方四島がロシア領であるとの歴史認識を改めて示し、日本側に受け入れを迫った。 

 また、会談後の記者会見でラブロフ氏は、南クリール諸島が日本の国内法で固有の領土として「北方領土」と明記されていることは「ロシアにとって受け入れられない。日本側が問題をどう解決するか具体策を問いただした」と述べ、使用中止や名称変更を求める姿勢を示した。

 会談後の共同会見は開かれず、個別に取材に応じたラブロフ氏は、国連憲章や第二次世界大戦終結を巡る国際文書により、四島が「ロシア領であることには議論の余地がない」と主張し、北方領土のロシア主権を認めるよう要求した。歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島の日本への引き渡しを定めた共同宣言を基礎にした平和条約交渉の前提として、「第二次世界大戦の結果受け入れが絶対的な第一歩だ」と日本側に要求したと明らかにした。

 河野氏は会談冒頭で、「日ロの間には大きな潜在力がある。それを最大限に生かす両国関係をつくらないといけない」と呼び掛け、「両首脳の合意に基づき、平和条約について集中的に議論を進めたい」と意欲を述べた。日ロ首脳会談は二十二日開催で一致したことも明らかにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報