東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米中、月内に首脳会談 トランプ氏 貿易協議合意へ詰め

 【ワシントン=白石亘】米中両政府は三十一日、ワシントンで開いた二日間の閣僚級の貿易協議を終えた。ホワイトハウスは「一定の進展はあったが、やるべき課題は多い」との声明を発表。トランプ米大統領は中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席と首脳会談を開き、三月一日の交渉期限までに最終的な合意を目指す考えを示した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は三十一日、二月下旬にアジアで開く予定の米朝首脳会談の後に、中国南部の海南省で米中首脳会談を開くことを中国側が提案したと報じた。

 ホワイトハウスの声明によると、中国経済の構造改革をテーマにした協議では、外国企業への技術移転の強制▽知的財産権の保護▽市場経済をゆがめる補助金や国有企業−などの課題を取り上げた。ただ両国の立場の隔たりは大きく、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表らが二月に訪中し、協議を続ける。

 トランプ氏は中国の代表団を率いる劉鶴(りゅうかく)副首相とホワイトハウスで会談。劉氏は貿易不均衡を是正するため、米国産の大豆の輸入を拡大する考えを伝えた。トランプ氏は記者団に「大きな進展があった」と強調。交渉期限を延期する必要はないとした上で「最終合意できるのは習主席との会談になるだろう」と語った。

 トランプ政権は三月一日までに中国側と合意できなければ、二千億ドル(約二十二兆円)相当の中国製品に課す関税を現行の10%から25%に引き上げる予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報