東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『わたしは、ダニエル・ブレイク』

ここから本文

【映画試写会】

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and The British Film Institute 2016

東京新聞特別試写会

『わたしは、ダニエル・ブレイク』
2017年3月18 日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

(配給:ロングライド)

☆85組170名様ご招待


[日時]2017年3月8日(水)18時15分開映(17時45分開場)

[場所]ユーロライブ(渋谷区円山町)


<イントロダクション>

映画界からの引退を表明していた、イギリスを代表する巨匠ケン・ローチ監督が、世界中で拡大しつつある格差や貧困の現実を目の当たりにし、今どうしても伝えたい物語として引退を撤回して制作されたのが、本作『わたしは、ダニエル・ブレイク』。社会的弱者に寄り添い、厳しい現実と、それでも今日を懸命に生きようとする人間たちを描き続けてきたローチ監督の最高傑作との声が相次ぎ、カンヌ国際映画祭では、見事『麦の穂をゆらす風』に続く2度目のパルムドールを受賞しました。

<ストーリー>

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

応募要項

応募は締め切りました