東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『ハクソー・リッジ』

ここから本文

【映画試写会】

(c) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd2016

東京シネマプレビュー

『ハクソー・リッジ』
6月24日(土)TOHOシネマズ・スカラ座他ロードショー

(配給 キノフィルムズ)

☆75組150名様ご招待


[日時]2017年6月14日(水)18時15分開映(17時45分開場)

[場所]ニッショーホール(港区虎ノ門/定員802名)


<イントロダクション>

第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉で武器を持たずに、
たった1人で75人の命を救った男の実話から生まれた衝撃作
銃も手榴弾もナイフさえも、何ひとつ武器を持たずに第2次世界大戦の激戦地
〈ハクソー・リッジ〉を駆けまわり、たった1人で75人もの命を救った男がいた。
彼の名は、デズモンド・ドス。なぜ、彼は武器を持つことを拒んだのか?
なんのために、命を救い続けたのか? いったいどうやって、奇跡を成し遂げたのか?
壮絶な〈ハクソー・リッジ〉の戦場で、"命を奪う戦場で、命を救おうとした"1人の男の葛藤と
強い信念を浮き彫りにしていく──本年度アカデミー賞2部門受賞のメル・ギブソン
監督作の実話から生まれた衝撃の物語。

<ストーリー>

皆が殺し合う戦場で、僕は命を助けたい
今明かされる、デズモンド・ドスの知られざる真実
ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドスは、第2次世界大戦時
陸軍への志願を決める。だが、デズモンドの衛生兵として武器を持たずに人を救いたいという
信念が上官と仲間の兵士たちから反感を買い、とうとう軍法会議にかけられてしまう。
しかし、思いがけない助けを得て、主張を認められた彼は激戦地の〈ハクソー・リッジ〉へ赴く。
そこは、アメリカ軍が史上最大の苦戦を強いられている戦場だった。
1歩、足を踏み入れるなり、目の前で次々と兵士が倒れて行く中、
遂にデズモンドの〈命を救う戦い〉が始まる──。

応募要項

参加ご希望の方は、インターネットでご応募ください。

【募集期間:5月24日(水)まで】

インターネットでのご応募

お申し込みはこちら

※当選者は試写状をインターネットなどで販売することを禁じます