東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ >映画試写会『生きる街』

ここから本文

【映画試写会】

(c)2018「生きる街」製作委員会

東京新聞特別試写会

『生きる街』
2018年3月3日(土)新宿武蔵野館、ユーロスペー ス、イオンシネマ石巻ほか全国順次公開!

(配給:アークエンタテインメント/太秦)

☆50組100名様ご招待


[日時]2018年2月1日(木)18時20分開映(18時00分開場) 上映時間124分

※ 上映前に舞台挨拶予定。

[場所]神楽座(千代田区富士見2−13−12KADOKAWA富士見ビル1F)


<イントロダクション>

自らが生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011 年3月 11 日に一変。
夫はあの日から帰ってこない。千恵子は避難所生活を経て別荘を借り受けた民泊の営業に乗り出すが、家族の心はすれ違い始めていた。
被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也。
そんな家族の前 に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からやって来る。

ドヒョンが語った知られざる夫の姿――。

そして、止まっていた家族の歯車がゆっくりと動き出すのだった。

そんな夏木マリが10年ぶりの主演に選んだ『生きる街』は「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、
「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉の ヒューマンドラマです。

応募要項

応募は締め切りました