東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』

ここから本文

【映画試写会】

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

東京シネマプレビュー

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』
12/15(金)TOHOシネマズみゆき座他全国ロードショー!

(配給:ファントム・フィルム)

☆150組300名様ご招待


[日時]12月4日(月)18時15分開演(17時45分開場)

アフタートークあり(予定)

[場所]ニッショーホール(港区虎ノ門2‐9‐16)


<イントロダクション>

第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナが、
ユダヤ人を動物園に匿い、300名もの命を救った姿を描いた、知られざる感動の実話が映画化。
主演は、アカデミー賞作品賞他多くの賞レースにノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』(キャサリン・ビグロー監督)で、
CIAの女性分析官を演じたジェシカ・チャステイン。
本作でも、強さと優しさを兼ね備えた美しい主人公・アントニーナを熱演。

<ストーリー>

ユダヤ人300名を匿いその命を救った勇気ある女性の感動の実話
1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、ワルシャワ動物園を営んでいた。
しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、
夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という提案をされる。
しかしこの“救出活動”がドイツ兵に見つかったら我が子の命も狙われてしまう。
夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはいかにしてひとり”隠れ家“を守り、300人もの命を救ったのか―。

応募要項

応募は締め切りました