東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『人生タクシー』

ここから本文

【映画試写会】

(C)2015 Jafar Panahi Productions

東京シネマプレビュー

『人生タクシー』
4月15日(土)新宿武蔵野館他ロードショー!

(配給):シンカ

☆150組300名様ご招待


[日時]2017年3月28日(火)19時00分開映(18時30分開場)

[場所]一ツ橋ホール(千代田区一ツ橋2−6−2)


<イントロダクション>

映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌!

アッバス・キアロスタミ監督の愛弟子にして、『白い風船』で1995年カンヌ国際映画祭カメラ・ドール、『チャドルと生きる』で2000年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、『オフサイド・ガールズ』で2006年ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)を立て続けに受賞し、世界三大映画祭を制覇したイランの名匠ジャファル・パナヒ監督による待望の最新作。 政府への反体制的な活動を理由に、2010年より“20年間の映画監督禁止令”を受けながらも、『これは映画ではない』では自宅で撮影した映像をUSBファイルに収め、お菓子の箱に隠して、国外へ持ち出し、2011年カンヌ国際映画祭キャロッス・ドールを見事に受賞! そして、本作では監督自身がタクシー運転手に扮して、厳しい情報統制下にあるテヘランの街に暮らす乗客達の人生模様を描き出し、2015年ベルリン国際映画祭で審査員長のダーレン・アロノフスキー監督から、「この作品は映画へのラブレターだ」と称賛され、金熊賞及び国際映画批評家連盟賞をダブルで受賞した他、数々の映画祭でも大絶賛!

<ストーリー>

喜びと悲しみを乗せて

タクシーがテヘランの活気に満ちた色鮮やかな街並みを走り抜ける。運転手は他でもないジャファル・パナヒ監督自身。ダッシュボードに置かれたカメラを通して、死刑制度について議論する路上強盗と教師、一儲けを企む海賊版レンタルビデオ業者、交通事故に遭った夫と泣き叫ぶ妻、映画の題材に悩む監督志望の大学生、金魚鉢を手に急ぐ二人の老婆、国内で上映可能な映画を撮影する小学生の姪、強盗に襲われた裕福な幼なじみ、政府から停職処分を受けた弁護士など、個性豊かな乗客達が繰り広げる悲喜こもごもの人生、そして知られざるイラン社会の核心が見えてくる――

応募要項

応募は締め切りました