東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ >映画試写会『きっと、いい日が待っている』

ここから本文

【映画試写会】

© 2016Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa International Sweden AB.

東京新聞特別試写会

『きっと、いい日が待っている』
2017年8月5日より、YEBISU GARDEN CINEMAほか 感動のロードショー

(配給:彩プロ)

☆35組70名様ご招待


[日時]2017年8月3日(木)18時30分開映(18時00分開場)

[場所]ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2F)


<イントロダクション>

北欧の実力派スタッフが集結し、デンマーク・アカデミー賞2017(Robert Awards)、作品賞を含む最多6部門受賞。
監督を務めるのはデンマークの映画界を牽引している映画監督ラース・フォン・トリアーが所属する映画製作会社、 ツェントローパの俊英、イェスパ・W・ネルスン。
監督は、本作を旧約聖書に出てくる「ダビデとゴリアテ」のように、弱小なものが強大な者を打ち負かす物語だと語る。
幼い兄弟たちは、初めて感じる絶望や恐怖を乗り越え、自分たちの力で未来を切り拓いていく。

<ストーリー>

1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語。
エリックとエルマーの兄弟の絆は、希望となって周囲に勇気を与えていく。
病気の母親と引き離され、男児向けの養護施設に預けられた幼い兄弟。 施設では、ヘック校長(ラース・ミケルセン)や職員たちがしつけという名のもとに体罰を与えていた。 悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。

応募要項

応募は締め切りました