東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ >映画試写会『心に吹く風』

ここから本文

【映画試写会】

(c)松竹ブロードキャスティング

東京新聞特別試写会

『心に吹く風』
6月17日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー 北海道先行公開

(配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ)

☆80組160名様ご招待


[日時]2017年5月17日(水)18時30分開映(18時00分開場)

[場所]スペースFS汐留(港区東新橋1-1-16汐留FSビル3階)


<イントロダクション>

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の雄大で美しい自然を背景に、初恋を忘れられない大人の男女の恋の道行を描いた純愛ラブストーリー。ドラマ一筋でキャリアを重ねてきたユン・ソクホ監督にとって初の劇場用長編映画。脚本も自ら執筆した。日本の俳優、スタッフとのコラボレーションにも注目したい。音楽は「冬のソナタ」以来ユン・ソクホ監督の盟友で、『オールド・ボーイ』(02)や『建築学概論』(12)など多くの映画でも知られるイ・ジスが担当。主人公リョウスケを演じているのは『愚行録』(17)などの映画ほか、ドラマでも活躍中の眞島秀和。ヒロイン・春香役を、『月とキャベツ』(96)等数々の映画でヒロイン務めた真田麻垂美が演じている。

<ストーリー>

友人の住む北海道・富良野の郊外を訪れ、作品作りのための撮影を続けていたビデオアーティストのリョウスケ。乗っていた車が故障し、電話を借りるために立ち寄った家でドアを開けたのは、高校時代の恋人・春香だった。23年ぶりに再会した彼女に家族がいることを知りつつも、撮影へと連れ出すリョウスケ。彼のお気に入りの小屋の中で雨宿りをしながら話すうちに高校時代の気持ちを思い出していく春香。静かな時間の中でふたりの距離は縮まっていく。翌々日には北海道を離れなければならないリョウスケは、もう1日だけ一緒に過ごしたいと春香に頼むが・・・。

応募要項

応募は締め切りました