東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『惑う After the Rain』

ここから本文

【映画試写会】

(c)2016みしまびとプロジェクト ものがたり法人FireWorks

東京シネマプレビュー

『惑う After the Rain』
2017年1月21日(土)より有楽町スバル座他全国順次公開

(配給:アルゴ・ピクチャーズ)

☆150組300名様ご招待


[日時]2017年1月16日(月)18時30分開映(18時00分開場)

[場所]ニッショーホール(港区虎ノ門2−9−16)


<イントロダクション>

これは、とある家族の物語。挙式前日を迎えた長女・いずみ(佐藤仁美)。シングルマザーとなった次女・かえで(中西美帆)。貧しいながらも女手一つで娘たちを育てた母親のイト(宮崎美子)。三人はそれぞれ、「女の人生の葛藤」に戸惑い、傷つきながらも乗り越えていく。ストーリーは時代を遡りながら、この家族に隠された秘密と、強い絆で結ばれた家族愛を描き出していく。「日本の美しい心」を描いた珠玉の名作が誕生しました。

<ストーリー>

昭和55年、冬。信用金庫で働きながら、母・イトと暮らす長女・いずみは結婚式を明日に控えていた。明治の末に建てられた楽寿亭の離れ屋敷に開かれた石川塾。二代目を務める父の元、いずみは母と妹と共に家族4人で暮らしていたが、父が急逝し、家を支えてきた。時は流れ、再開発のため取り壊しが決まった楽寿亭で挙式は行われた。娘たちの美しい姿を見つめながらイトの心には、家族で暮らした日々の情景が色鮮やかに蘇る…。

応募要項

応募は締め切りました