東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ >映画試写会『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

ここから本文

【映画試写会】

© TRIO IN PRAGUE 2016

東京新聞特別試写会

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』
12月2日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、渋谷シネパレス他全国ロードショー

(配給:熱帯美術館)

☆50組100名様ご招待


[日時]2017年11月15日(水)18時30分開映(18時00分開場)

[場所]神楽座(東京都千代田区富士見2−13−12KADOKAWA富士見ビル1F)


<イントロダクション>

アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』以来、久々に登場した本格的モーツァルト映画。モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという史実に想を得て、華麗なる恋と陰謀のストーリーが‘百塔の都’プラハの上流階級を舞台に繰り広げられる。主演のモーツァルトには、『ダンケルク』にも出演する新進俳優アナイリン・バーナード。「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」を初めとする音楽を演奏するのはプラハ市立フィルハーモニー管弦楽団。この冬一番の歴史ロマン音楽ドラマである。

<ストーリー>

1878年、プラハはオペラ『フィガロの結婚』の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き、新作を作曲させようと決める。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、『フィガロの結婚』のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、若手オペラ歌手スザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―

応募要項

応募は締め切りました