東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『私の少女時代』

ここから本文

【映画試写会】

© 2015 Hualien Media Intl. Co., Ltd 、Spring Thunder Entertainment、Huace Pictures, Co., Ltd.、Focus Film Limited

東京新聞特別試写会≪女性限定≫

『私の少女時代』
2016年 11月26日(土) 新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー

(配給:ココロヲ・動かす・映画社 〇)

☆50組100名様ご招待


[日時]2016年11月19日(土)18時00分開映(17時45分開場)

[場所]ユーロライブ(渋谷区円山町1−5 KINOHAUS2F)


<イントロダクション>

多くの観客を感動の涙で包み込んだ青春映画『あの頃、君を追いかけた』(2011公開)に続いて、台湾映画界からまたも切なくも胸ときめかせるピュアなラヴストーリーが誕生!
2015年夏、台湾で公開されるや4億台湾ドル(約13億円)というメガヒットを記録し、15年のナンバーワン・ヒットを樹立。続く中国でも、わずか4日間で興収1億人民元(約16億円)を突破、『007 スペクター』を凌ぐ大ヒット作となり、歴代台湾映画の第1位となったほか、香港、韓国でも軒並み社会現象を巻き起こす大ヒットを記録。評判が評判を呼んだ日本では、今年3月に開催された第11回大阪アジアン映画祭で初お披露目、売上開始から5分でチケットが完売、さらに7月の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」ではわずか3分でチケット完売と、人気沸騰。この冬、いよいよ満を持しての待望の日本公開となる。

<ストーリー>

仕事も恋愛も空回りのOL林真心(リン・チェンシン)。ある日、ラジオから聞こえてきたのはかつてのアイドル、アンディ・ラウの歌だった。あの頃、片思いをしていたイケメン優等生 欧陽(オウヤン)、恋のライバルを蹴落とす見方をしてくれたワイルドな不良生徒 太宇(タイユイ)。90年代、何もかも輝いていた高校時代が一気に蘇る。忘れかけていた純粋な恋と友情を思い出したリンを待っていたものは?

応募要項

応募は締め切りました