東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『東京ウィンドオーケストラ』

ここから本文

【映画試写会】

© 松竹ブロードキャスティング

東京新聞特別試写会

『東京ウィンドオーケストラ』
2017年1月21日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
1月14日(土)より鹿児島ガーデンズシネマ先行公開

(配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ)

☆80組160名様ご招待


[日時]2017年1月12日(木)18時00分開映(17時45分開場)

[場所]スペースFS汐留(港区東新橋1−1−16汐留FSビル3F)


<イントロダクション>

舞台は世界遺産・屋久島。有名オーケストラと間違われて島にやってきたアマチュアオーケストラ楽団と、彼らを“本物”として押し通そうとする島の女性職員が巻き起こす、笑いと感動のハート・ウォーミング・コメディ!
いま最注目の女優・中西美帆映画初主演作。新鋭・坂下雄一郎監督がオリジナル脚本で商業映画デビューを飾る。
“作家主義”ד俳優発掘”を掲げる松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト第3弾。

<ストーリー>

日本で有数の吹奏楽団「東京ウィンドオーケストラ」と間違われ、コンサートのため屋久島までやって来た観光気分のアマチュア楽団員たち。しかし島をあげての大歓迎を不審に思った彼らは、自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。同じ頃、間違ってアマチュア楽団を呼んでしまったことに気づいた町役場の女性職員・樋口は愕然としながらも、自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する―――。
 刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人同然のアマチュア楽団員たちは、このピンチを無事乗り切ることができるのか!? 

応募要項

応募は締め切りました