東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ >映画試写会『女の一生』

ここから本文

【映画試写会】

© TS PRODUCTIONS (PHOTO MICHAEL CROTTO) ?AFFICHE NUITDECHINE

東京新聞特別試写会

『女の一生』
2017年12月9日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー

(配給:ドマ/ミモザフィルムズ)

☆50組100名様ご招待


[日時]2017年12月7日(木)18時20分開映(18時00分開場)上映時間119分

[場所]神楽座(千代田区富士見2−13−12KADOKAWA富士見ビル1F)


<イントロダクション>

フランスの文豪、モーパッサンの不朽の名作「女の一生」の映画化。
本作の監督・脚本を務めたステファヌ・ブリゼによって19世紀四季折々のノルマンディーの美しい田園そのもののような映像美と、
ストイックな話法で、ジャンヌの人生を時制をこえて重ねる映像のミルフィーユを作り上げられた。
主人公ジャンヌを演じ切ったジュディット・シュムラは本作でセザール賞主演女優賞にノミネート。
また、ジャン=ピエール・ダルッサン、ヨランド・モローと、実力派ベテラン勢が存在感を発揮し、新旧の名優が競演する。

<ストーリー>

修道院の寄宿学校から家に戻った男爵家の一人娘のジャンヌは、清純な17歳の乙女。
親の勧める子爵ジュリアンと結婚し、希望に胸躍らせ人生を歩みだしたかに見えたジャンヌだったが、
やがて信じ難い夫の不貞を知る。
それを機に、ジャンヌの人生に対する夢は、次々と打ち砕かれていく??。

応募要項

応募は締め切りました