東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ >映画試写会『夜明けの祈り』

ここから本文

【映画試写会】

© 2015 MANDARIN CINEMA AEROPLAN FILM/ANNA WLOCH

東京新聞特別試写会

『夜明けの祈り』
8月5日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

(配給:ロングライド)

☆50組100名様ご招待


[日時]2017年7月24日(月)18時30分開演(18時00分開場)

[場所]神楽座(東京都千代田区富士見2−13−12KADOKAWA富士見ビル1F)


<イントロダクション>

 フランスのアカデミー賞に当たるセザール賞で作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の主要4部門にノミネートされ、 フランス映画祭2017ではエールフランス観客賞に輝いたアンヌ・フォンテーヌ監督の最新作。 実在したフランス人医師の遺したメモに基づき、異国の地で無償の人道支援に身を投じたヒロインの軌跡を今に伝える。 世界中に不寛容の風潮が広まる現代において、主人公マチルドの崇高なる魂が観る者すべての心を揺さぶる感動作。

<ストーリー>

1945年12月のポーランド。赤十字に属する若きフランス人医師マチルドのもとに、悲痛な面持ちのシスターが助けを求めてやってくる。 修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。 そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、この世界で孤立した彼女たちの唯一の希望となってゆく……。

応募要項

応募は締め切りました