東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 記事データベース

ここから本文

【記事データベース】

  当社では、過去の新聞に掲載された記事をフリーワードにて検索する方法を、以下の3種類の方法でご案内しております。

※著作権や人権・プライバシーの関係で収録していない記事もあります。ご了承下さい。

 

外部データベース業者・インターネットサービスプロバイダーをご利用いただく方法

 (株)日本経済新聞社の「日経テレコン21」と(株)ジー・サーチのデータベース業者、あるいは(株)ジー・サーチよりデータベースの提供を受けている下記インターネットサービスプロバイダー(ISP)にて弊社データベースをご利用できます。そちらをご利用いただくことで、記事の検索・閲覧が可能となります。利用料金の決済は各ISPを通して行われるため、各ISPへの登録が必要です。詳しくは各ISPに直接お問い合わせ下さい。

[コンテンツ会員コースの利用でお気軽に記事データベースがご利用できます]

 中日新聞・東京新聞記事データベースは以下のISP経由でご利用いただけます。他のISPでインターネット接続している方も、ISPリストのうちコンテンツ会員コース(入会金・月額基本料無料)のあるISPでお申し込みになることで、中日新聞・東京新聞記事データベースをご利用いただけます。

日経テレコン21
 右上の「お申し込み」をクリックし、会員登録してからご利用ください。
 
G-Searchデータベースサービス
 右メニューから「法人のお申込み」「個人のお申込み」をクリックし、会員登録してからご利用ください。
 
@nifty 東京新聞記事情報
 [コンテンツ会員コースあり]ページ下部の「@nifty ID登録」をクリックし、コンテンツ会員コースに登録してください。@nifty会員の方は、右メニュー「ログイン」からご自分の@niftyIDとパスワードを入力してご利用ください。
 
BIGLOBE 東京新聞記事情報
 [コンテンツ会員コースあり]ページ下部の「個人会員の方はこちら」をクリックし、コンテンツ会員コースに登録してください。BIGLOBE会員の方は、右メニュー「ログイン」からご自分のBIGLOBEとパスワードを入力してご利用ください。
 
So-net Database
 [コンテンツ会員コースあり]ページ右メニューの「こんてんつコース入会(無料)」ボタンをクリックし、コンテンツ会員コースに登録してください。So-net会員の方は、右メニュー上部「ログイン」ボタンからご自分のSo-net IDとパスワードを入力してご利用ください。
 
ASAHIネット
 Asahi-netユーザIDをお持ちの方はページ中央部「サービスに入る」をクリックし、ユーザIDとパスワードを入力してご利用ください。
 

新聞記事データベースを利用できる公共図書館をご利用いただく方法

 愛知県内の公共図書館を中心に、当社と新聞記事データベースを直接契約し、館内で利用者の方が無料でご利用できるケースが増えております。

 どの公共図書館でご利用いただけるかは、直接お住まいの地区の図書館にお問い合わせいただくか、または当社データベース部までお問い合わせ下さい。

 また、教育機関・図書館の方で新聞記事データベースのご利用をご検討中の方は下記のリンクをクリックして下さい。

お問い合わせ

[中日新聞社 電子メディア局 データベース営業担当 ]

Tel:052-221-0629  Email:database@chunichi.co.jp  (月〜金 午前10時〜午後5時)