東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 記事データベース > 図書館・教育機関向け > アクセス方法の解説

ここから本文

【アクセス方法の解説】

IPアドレス制御型・ID/PASS認証型の解説

[IPアドレス制御型]
 あらかじめご登録いただいたサーバーのIPアドレスによる認証方式です。
 同一構内LANのどの端末からでもアクセスOK。 ご契約数まで同時にご利用できます。 IDとパスワードの入力は不要です。
 
[ID/PASS認証型]
 利用する端末を固定し、利用前にIDとパスワードを入力していただきます。
 IPアドレス制御型が利用できないお客様向けです。
 契約端末ごとにIDとパスワードを発行いたします。
 

IPアドレス制御型がおすすめです

 IPアドレスなら「面倒なIDとパスワードの入力が不要」「共通のIPアドレス内であれば、館内LANのどこからでもアクセスが可能」です。(職員の日常業務、リファレンス用端末、利用者向けの情報検索用端末など種類を問わず、ご契約の同時アクセス数まで、自由にご利用できます)

※同一機関として契約していることが条件となります。
※ご利用には固定グローバルIPアドレスが必要となります。ご不明な場合は、お客様側のシステム・ネットワーク担当者にお問い合わせください。
※情報検索の基礎ツールとして、より多くの利用者に使ってもらえるために、特例として多人数によるアクセスも柔軟に対応します。(ex.図書館ガイダンスでの利用、大学の授業など)料金についてはお問い合わせ下さい。