東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > イベントカレンダー1月

ここから本文

【イベント情報】

1月

美術美術

2014年10月17日(金)〜2015年1月12日(月・祝)
三菱一号館美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
農民を描いた画家として知られるジャン=フランソワ=ミレー(1814-1875)。ミレー生誕200周年を記念し、ボストン美術家の三大ミレー『種まく人』などが同時初来日。[→詳細はこちら]
 
2014年11月1日(土)〜2015年1月4日(日)=森アーツセンターギャラリー
2015年2月27日(金)〜4月19日(日)=グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
東京新聞の記事[→記事はこちら]
「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」などを数々の手がけた映画監督ティム・バートン。監督になる前はディズニー・スタジオのアニメーターだった彼が、現在にいたるまでに描いたスケッチやデッサン、映画に登場するキャラクターのオブジェ、10代の頃に撮影した映像など、日本未公開作品約500点を展示します。[→詳細はこちら]
 
2015年1月17日(土)〜3月29日(日)
パナソニック汐留ミュージアム
ブルガリアに生まれ、「狂乱の時代」と呼ばれた1920年代、エコール・ド・パリを代表する画家として知られたジュール・パスキン(1885-1930)。フランスを中心とした美術館・個人所蔵の油彩、水彩、デッサンなど約120点でその画業を回顧する。[→詳細はこちら]
 
2015年1月24日(土)〜3月22日(日)
神奈川県立近代美術館 葉山
1950年代のフランス画壇で、新鮮な具象画が注目を浴びながら33歳の若さで急逝した金山康喜(1926-1959)の作品約70点を、野見山暁治や田淵安一といった友人らの作品約70点と合わせて展覧し、1950年代パリの熱い絵画思潮を紹介する。[→詳細はこちら]
 

舞踊・芸能舞踊・芸能

2015年1月10日(土)
東京証券会館ホール
日本琵琶楽協会に所属する名手が出演。名曲・秘曲20曲を弾き語ります。[→詳細はこちら]
 
2015年1月30日(金)
三越劇場
各流各派の名手約150人が出演します。[→詳細はこちら]
 
2015年1月31日(土)、2月1日(日)
三越劇場
小唄界新進の祭典。各派の家元、会長から新進まで、2日間で300人以上が出演します。[→詳細はこちら]
 

スポーツスポーツ

東京キッズベースボールアカデミー(江戸川・町田・船橋)

2014年11月15日(土)=江戸川区臨海球技場
2014年12月14日(日)=町田市民球場
2015年1月17日(土)=セガサミー野球場
2015年2月14日(土)=船橋市法典公園
東京都内や関東近県を対象にした巡回野球教室。講師陣には、セガサミー野球部や少年野球の指導に定評がある元プロ野球選手をお招きしている。
 
2015年1月11日(日)〜25日(日)
両国国技館
大相撲東京場所恒例の優勝と三賞をあてる懸賞クイズ。[→詳細はこちら]
 

教養・趣味教養・趣味

募集期間:〜2015年1月27日(火)
問い合わせ先:東京新聞出版・エンタテインメント広告部 電話:03-6910-2491 ※土日祝除く10時〜17時
あなたの大切な人に見てほしい映画を教えてください。[→詳細はこちら]
 
2015年1月24日(土)
東京体育館 第一会議室
トップアスリート自身の知識や経験を元に生涯スポーツに取り組む上での課題やスポーツ界におけるタイムリーなテーマを題材としたフォーラムです。今回は、世界で活躍した女性アスリートの吉原知子氏(元全日本女子バレーボール代表)と杉山愛氏(元プロテニスプレイヤー)を講師に招いて、スポーツの魅力と未来について、2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの期待、生涯にわたってスポーツを楽しむ方法などを軸に語って頂きます。[→詳細はこちら]
 
毎回、定員・開催場所が異なります。はがき又はWEBで受け付けます。
問い合わせ先:東京新聞広告局出版・エンタテインメント部 電話:03-6910-2491
東京新聞主催の映画試写会を紹介します。[→詳細はこちら]
 
2014年11月26日(水)〜30日(日)
サンシャインシティ展示ホールA
新鋭書家の発掘を目的とした全国公募展。[→詳細はこちら]
 
問い合わせ先:東京新聞文化事業部 電話:03-6910-2345
学校教育を支えている「がんばる先生」を発掘、顕彰し、紙面で紹介する賞です。東京都内の先生方の実践活動報告書を募集し、優れた教育実践10点を選考し、表彰します。[→詳細はこちら]
 
締め切り:2015年1月15日(木)、表彰:2015年2月上旬
東京新聞(中日新聞東京本社)は関東1都6県の小学生・中学生・高校生を対象に、新聞の記事を切り抜き、模造紙に新聞のように再構成して編集した作品を募集し、優秀者を表彰します。[→詳細はこちら]